• Home
  • お知らせ
  • ブータンのソナム王女をお招きして「京都大学ブータン王国友好60周年記念事業」を実施します(10月21日~10月27日)
 

お知らせ

2017年10月02日
イベント

ブータンのソナム王女をお招きして「京都大学ブータン王国友好60周年記念事業」を実施します(10月21日~10月27日)

期間:2017年10月21日〜27日

 京都大学とブータンの交流は、1957年秋に第3代王妃が京都を訪問され、京大教授の桑原武夫らが応接したことに始まります。翌年、本学卒業生の中尾佐助による最初のブータン調査がおこなわれました。2010年秋には、ブータンへの京大使節団が派遣され、GNH(国民総幸福)の提唱者として知られる第4代国王との謁見が実現しました。これを契機に「京都大学ブータン友好プログラム」が結成され、2013年8月に京都大学とブータン王立大学との大学間交流協定が締結されました。2016年7月11日には、高等研究院を窓口として、ブータン王立大学の全カレッジの長を含めた使節団を迎えて、共同研究を推進するための学術交流会を実施しました。本年は、京都大学とブータンが交流を始めて60年の節目の年です。京都大学は、ユニークな社会・国際貢献として、日本とブータンの学術交流の「窓」となり架け橋となってきました。本事業は、「京大の魅力を社会や世界に向けて発信する教育研究活動、広報・社会連携活動」として、ブータン王家を代表してソナム王女をお招きして、GNHに焦点を当てたシンポジウム・懇談会などを開催することを目的とします。

詳細はこちら >>

期間 平成29年10月21日(土)~27日(金)
スケジュール 10月21日 到着、歓迎レセプション
10月22日 京都大学及び京都での行事
10月23日 東京での行事
10月24日 東京での行事
10月25日 京都大学とブータン友好60周年記念シンポジウム(詳細はこちら
10月26日 京都大学関係者との懇談
10月27日 離日
問合せ 松沢哲郎(京都大学高等研究院 特別教授)
坂本龍太(京都大学東南アジア地域研究研究所 准教授)
熊谷誠慈(京都大学こころの未来研究センター 特定准教授)
高等研究院事務部(松井、松永)
・Eメール:ku-bhutan [at] mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
・電話:075-753-9754
その他 京都大学ブータン友好プログラム

本事業は、平成29年度総長裁量経費「京大・ブータン連携60周年記念事業:ブータン王女によるGNHシンポジウムの開催」(参画部局:高等研究院、ヒマラヤ研究ユニット、東南アジア地域研究研究所、霊長類研究所、教育学研究科、医学研究科、地球環境学堂、こころの未来研究センター)によるものです。


記事・報道