メニュー

プロフィール:斎藤 通紀

saito_640

斎藤 通紀

教授/ASHBi 拠点長

研究分野

発生生物学、細胞生物学

研究概要

 生命の根源である生殖細胞の発生機構の研究を推進してきました。マウス生殖細胞の形成機構を解明し、試験管内で、マウスES細胞・iPS細胞から始原生殖細胞様細胞を誘導、精子や卵子、健常な産仔を作出することに成功し、この実験系を利用して、エピゲノムリプログラミングや卵母細胞分化・減数分裂誘導機構など、生殖細胞の発生における基幹現象の分子機構を解明しました。また、カニクイザルの発生機構を解析し、マウス・サル・ヒトにおける多能性細胞系譜の特性や霊長類生殖細胞の形成機構を解明するとともに、ヒトiPS 細胞から始原生殖細胞様細胞・卵原細胞を誘導し、ヒト生殖細胞発生過程の試験管内再構成研究を開拓しました。
 これらの研究を発展させる先進的ヒト生物学を推進し、ヒトや霊長類の特性・進化機構を明らかにするとともに、医学に新しい可能性を提示することを目指しています。

略歴

1995年 京都大学 医学部 卒業
1999年 京都大学 大学院医学研究科 博士課程修了
1999-2003年 Wellcome Trust/ Cancer Research UK Gurdon Institute for Developmental Biology and Cancer 研究員
2003-2009年 独立行政法人理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター チームリーダー
2009-2018年 京都大学 大学院医学研究科 教授
2011-2018年 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 ERATO 研究総括
2013-2018年 京都大学 物質―細胞統合システム拠点 連携主任研究者
2018年- 京都大学 iPS細胞研究所 連携主任研究者
2018年- 京都大学 高等研究院 教授
京都大学 高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点 拠点長

主要論文

  1. Saitou, M., Barton, S. C., and Surani, M. A. A molecular programme for the specification of germ cell fate in mice. Nature, 418, 293-300 (2002).
  2. Ohinata, Y., Ohta, H., Shigeta, M., Yamanaka, K., Wakayama, T., and Saitou, M. A signaling principle for the specification of the germ cell lineage in mice. Cell, 137, 571-584 (2009).
  3. Hayashi, K., Ohta, H., Kurimoto, K., Aramaki, S., and Saitou, M. Reconstitution of the mouse germ cell specification pathway in culture by pluripotent stem cells. Cell, 146, 519-532 (2011).
  4. Nakamura, T., Okamoto, I., Sasaki, K., Yabuta, Y., Iwatani, C., Tsuchiya, H., Seita, Y., Nakamura, S., Yamamoto, T., and Saitou, M. A developmental coordinate of pluripotency among mice, monkeys, and humans, Nature, 537, 57-62 (2016).
  5. Yamashiro, C., Sasaki, K., Yabuta, Y., Kojima, Y., Nakamura, T., Okamoto, I., Yokobayashi, S., Murase, Y., Ishikura, Y., Shirane, K., Sasaki, H., Yamamoto, T., and Saitou, M. Generation of human oogonia from induced pluripotent stem cells in vitro, Science, 362, 356-360 (2018).

主な受賞等

大阪科学賞(2013年)、日本学士院学術奨励賞、日本学術振興会賞(2014年)、武田医学賞(2016年)、持田記念学術賞(2018年)、朝日賞、上原賞、恩賜賞・日本学士院賞、国際幹細胞学会(ISSCR)Momentum Award、欧州分子生物学機構 (EMBO) Associate Member(2020年)